給湯器の交換をする|温かい家庭を手に入れられる機器

作業員

様々な助け

ガス給湯器の交換と費用の参考例

給湯器

ガス給湯器は、文字通りお湯を沸かす設備で、お風呂の湯を沸かしたり、台所でお湯を使用したりする場合に使用するものです。 メーカーが推奨する交換周期は8年とされていますが、実際には8年でダメになってしまうケースは少なく、一般的には10年から場合によっては15年程度問題なく使用できる場合もあります。 ガス給湯器は、室内設備としては意外と高価な設備で、16号や20号といった比較的小さなサイズのものであっても作業費込みで20万円程度の費用がかかる場合もあります。 業者によっては、これ以上の費用を請求する場合もあり、交換を検討する場合などは、複数の業者を呼んで相見積もりを取るなど、慎重に対応するようにした方が良いでしょう。

給湯器の交換についての考え方

また、ガス給湯器の性質として、昨日までは問題なく使えていたのに、今日になって急にお湯がでなくなったなどというように、突発的に使用できなくなるという特徴が問題となります。 故障したガス給湯器は、市場に出回り始めてから10年程度経過しているでしょうから、今日から新しいものを使いたいからと言って、同規格のものが都合良く見つかるというわけでもない場合があり、この点が問題となります。 また、特に故障したのが冬場であったりすると、生活にも大きな支障が出かねませんので、この点にはあらかじめ注意が必要になってくると言えます。 このように考えていくと、ガス給湯器の交換工事は、故障するまで使い続けるという考え方よりも、予防保全という考え方に立って、ある程度の時期がきたら、計画的に交換してしまうという方法が良いように思われます。