給湯器の交換をする|温かい家庭を手に入れられる機器

作業員

風呂に欠かせない

その種類によって料金は異なる

給湯器

風呂に入浴するときに、なくてはならないものとして風呂給湯器などがあります。もちろんその種類には多彩なものがあり、洗面所などの下の配管部分に組み込む少量のお湯を沸かすタイプから、家の中の急騰を一手に担うタイプまで多々存在しているのです。 平均的に少量のものは10万円を切っていますが、風呂給湯器としての機能が高いものの場合には、30万円を超えることが基本といわれています。もちろん工事費や以前のものを取り外す工事などを含めた金額ですが、場所によっては40万円前後かかると考えたほうがいいでしょう。 給湯単体であれば割と安いのですが、風呂釜や床暖房、さらに浴室暖房乾燥機などがついている場合には比較的価格が高くなるのは当然のことといわれています。

機械でお湯を沸かすもの

熱源によって燃焼方法に多少の違いがありますが、基本的な構造としては、熱源によって水を温めて、お湯にして蛇口から出すという大変シンプルなものです。燃焼するときに、電気の力で温めるときには炎は出ませんが、ガスや石油の場合には、電気の力で火を起こし、ガスや石油を燃やすことによって水を温める形式になっています。 温めるときには、その給湯器の能力によって、1分間に給湯できる能力が異なります。1分間に水の温度を25度上昇させる能力を指すのが、号数です。24号という場合には、1分間に24リットルの水を25度温度を挙げることができる能力を指します。 そのため、号数に対しての基準を知っておくことで、給湯器選びの一助となる可能性が高いのです。